過信できない過払い返還制度

消費者金融会社のとんでもない金利でお金を借ると、
そのべらぼうな金利で借金がどんどん膨らみ、結局返しきれず自己破産や夜逃げするなど、
お金に関するトラブルが増加。

その措置として登場したのがこの過払い返還という制度です。
国家資格を持つ人が消費者金融とそこからお金を借りた人との間に入り、
本当は払わなくても良い利子分のお金を計上して返還するという制度ですが、
なかには新たなトラブルに発展するケースも少なくないようです。

消費者金融から過払い返還されたお金が、
そのままそっくり相談料や手数料として間に入った司法書士事務所に取られてしまった、
というトラブルが一番多いようで、それなら最初から相談しなかったと語る被害者もいます。

そもそも借金をする方が悪いのではとも思うのですが、このご時世ですから明日は我が身。
なんとも心が痛みます。

そもそも正常な頭であれば利率が15~20%の時点で危険だと判断できそうですが、
藁にもすがる状態になったら、自分もどうなるか自信がありません。

過払い返還システムを受けるには
上記の利率の借金であることが条件として定められているため、
すれすれの利子を設定して金貸しをする業者もたくさんあります。

金貸し業も中間に入って助けてくれるはずの法律事務所も、
きちんと見極めないとどちらにも騙されて癒えない心の傷だけが残ることになりそうなので、
本当に注意が必要ですね。

返還されると変な安心感や期待を持たず、
質素倹約…とまでは言いませんが身の丈に合った暮らしをすることが、
自分の身を守る唯一の手段だと思います。