過払い返還とは何か

過払い返還とは、払いすぎた利息を返還してもらうものです。過払い返還の請求は、金融業者に対して行います。本人が直接請求することもできますが、金利の引き直しや、業者との直接交渉が必要なので、忙しい仕事に就いている場合等、時間の余裕のない人にはおすすめしません。なるべく、専門家である弁護士に依頼するのが良いでしょう。司法書士もできますが、費用も弁護士と変わらない上に、もしも過払い返還の金額が大きかったら弁護士に頼まねばならず、費用が倍かかるのでおすすめできません。過払い返還を弁護士に依頼する場合は、まず弁護士の事務所に電話をかけます。どの弁護士の事務所に電話をかければいいでしょうか。インターネットで検索して、過払い返還請求事件を扱っている事務所のうち自宅から近い等、便利なところが良いと思います。タウンページなどで探してもいいかと思います。債務整理事件を扱うと書いていない事務所は、避けた方が良いでしょう。弁護士によっては、扱う事件と扱わない事件がありますから、たくさん手がけて慣れている事務所が望ましいと思います。過払い返還の手続きは、弁護士の事務所へ行って面談すれば、その法律相談の中で弁護士が詳しく説明します。まず、受任通知を各金融業者に送ります。そして法定利率で計算し直す引き直し計算の手続きを経て、過払い金額を確定し、金融業者に請求します。過払い返還請求訴訟になることも多いです。裁判によって過払い金の返還請求権が認められれば、金融業者から返還させることができます。この裁判は、通常、当事者が出頭する必要はありません。ですから、仕事に支障は全く生じないことになります。過払い金は弁護士の事務所の預かり口座に返還され、ここから弁護士費用を差し引いて、当事者の口座に振り込まれ、手続きはすべて終了します。